超音波とは?

私たちが耳にする音は、音波と呼ばれる波で、空気を振動させながら進んでいきます。このような私たちが耳にすることができる音に比べて、振動する回数が非常に大きく、光のようにまっすぐに進む性質をもつようになったものが『超音波』です。

【どうして病気の場所がわかるのか?】

からだの中を進む超音波の速さは、秒速1500メートルでほぼ一定です。このことを利用して、装置から放たれた超音波が、からだの中の内臓や、その中の病気に反射して帰ってくる時間から、内臓の位置や形、病気がどこにあるのかを知ることができます。

【どんな臓器の病気に有効と言われるのか?】

超音波検査は、放射線被ばくや苦痛もなく、診断装置も小型で移動も容易なことから、検診に広く用いられ、病気の早期発見に役立っています。
腹部超音波検査は肝臓、胆道、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣という臓器の難治がんの早期診断には欠かせない診断法です。
また甲状腺や乳腺など、からだの表面に近い臓器では、ほかの画像診断法に比べて解像度の高い画像が得られるため、やはりがんの早期診断には欠かせない検査法です。
超音波検査は、からだに優しい検査です。
異常がなくとも、定期的な検査の受信をお勧めします。